スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

遺跡 



西暦79年8月24日、ナポリ湾近くにあるベスビオ火山が大噴火しました。
南麓の街ポンペイは火山灰に埋もれてしまいました。この大噴火で、約2000人が犠牲になったと言われています。

逃げ遅れた人々は吹きつけた高熱のガスで窒息死しました。
その上に灰が降り積もり、積もった灰は硬く固まり、肉体が朽ちてた事により空洞を作りました。
研究者たちは、その空洞に石膏を流し込み、死の瞬間の姿を浮かび上がらせたのです。それは、家の中で身を寄せ合う家族、最後まで子どもに寄り添う母親、互いをかばい合うように抱き合う恋人などの姿でした。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/30、F2.8、ISO100、24mm)


遠くに見える山が大噴火を起こしたヴェスヴィオス火山です。

繁栄の頂点で突然消えた古代ローマの都市ポンペイの街並みは、整然と区画され、住居はもちろん、劇場や公衆浴場、下水道、居酒屋まで完備されていました。
規模こそ違えど、現在の街と全く変わらなかったのです。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/100、F9、ISO100、50mm)




道もきちんと整理されており、歩道と馬車が通る場所が分けられていました。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/200、F9、ISO100、18mm)




公衆浴場の中です。
近くに運動場がありそこでかいた汗を流しにきていたようです。
また、男湯女湯がちゃんと分かれており現代と全く同じした。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/50、F2.8、ISO800、18mm)




浴場内にあった壁画です。
ポンペイ遺跡内には、このような壁画やモザイク画がいくつもありました。
この辺りからも古代ローマ人達がいかに裕福に生活していたかが窺い知れました。

ポンペイ遺跡で、2000年の時を越えて古代の生活をそのまま垣間見る事が出来ました。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/8、F2.8、ISO800、18mm、露出補正+0.3)
スポンサーサイト
  

コメント

うわ~

1枚目、すごいインパクトですよね。
ポンペイは何度かテレビで見ましたがすごいですね。
当時の超近代国家が映し出されていますね。
3枚目の馬車道と横断歩道が素敵です。

衝撃

1枚目にものすごいものを持ってきましたね(笑)
なんか昔の歴史教科書の挿絵(写真)をみているようです(^^)

ギョッ!!

トップの写真はドキッとさせられましたね。
今夜眠れないよ~(笑)

冗談はともかく、悲劇の町ポンペイはこういったものを風化させないように、ということで残しているんでしょうね。
日本だったら・・・浅間山の近くの鎌原観音堂がそれに近いですが、もちろん、こういった形ではありませんね。

ポンペイは現代の町づくりの基本だったのでしょうか、時代を先取りしたかのような造りですね。
日本は徒歩・カゴ・馬が交通機関ですから、雲泥の差を感じます。

うーん、それにしても今回は考えさせられる写真でした。

眠れないよぉ

1枚目、怖いです(T-T
遺跡ってどれもコレも本当にキレイでそれ自体が芸術に見えます。
でも、日常的に使われていたものなんですよね
今の世の中、遺跡になったときにどれだけのものが芸術と思われるのでしょうか?
なんてちょっと考えさせられちゃいました。

はじめまして

ヨネちゃんさんのところからふと飛んできたらいきなりびびりました。
地下の写真、光の入り方とかきれいですね。
空気が澄んでいそうな気がします。

N2さん

古代ローマの人々の生活は本当に今とほとんど変わらないと思うと凄いです。
水道もちゃんとあったのですが、水道管が鉛で出来ていた為に鉛中毒で苦しんだ人が多かったらいいです。
でも、今から2000年も前に鉛で管を作る技術があった事に驚きました。

しーたけさん

ポンペイをアップする時は、この写真が一枚目ってずっと決まっていました(笑)
こんな石膏で出来た人型が普通に台の置いてあるんですよね。
それもレプリカではなく本物との事でした。
イタリアと言う国は、絵画や彫刻等様々な物が本物をそのままに見れる国で良い所だなと思いました。

ZEISSさん

行政施設から公衆浴場、居酒屋、パン屋と石造りの建物が立ち並び(凄いのは石造りの建物が石をただ積み上げただけではなく、鉄で石と石を繋いでいたんです)、道もしっかり石畳で整備されている。
本当、現代の街づくりの基礎になっているんでしょうね。
お風呂なんかは、ここからイタリア全土に広がったらしいです。

観光時間的には短かったのですが、考えさせられる場所でした。

みっきぃさん

日常的に使われていた町ですが、どれだけ立派な建物を作れて、どれだけ裕福な暮らしが出来るかが、今も昔も変わらない人間の見栄ですね。
昔の住宅も権力者の家は、部屋数が多かったみたいです。

今の世の中が遺跡になったらなったで、後の人々が見れば「へぇーこんな所で生活してたんだ。」と観光地になるんじゃないかと思います。
でも、ゴミの山とかどう思われるんだろう。

cranephileさん

はじめまして。
インパクト重視でこの写真が一枚目になってます(笑)
地下ではなく、天井に天窓がある石造りの建物の中なんです。
こんな物を今から2000年も前に造ってしまうなんて本当に凄いですよね。

天窓からの光の挿し込みが綺麗だったので撮ったのですが、伝わったみたいで嬉しいです。

No title

すごいインパクトの写真にびっくりして一瞬止まってしまいました(笑)
歯が綺麗過ぎて少し恐いです・・・

でも大衆浴場など本当に綺麗というか芸術的なものがたくさんで素敵なとろこですねぇ!

saitoさん

第一印象重視で、写真選んでますから(笑)
確かに、歯が綺麗過ぎて怖いですよね。

2000年も前に作られた町なのに本当に芸術的で素敵な町でした。

貴重な遺跡

火山の噴火により街が火山灰に埋もれてしまったこの歴史的事件。悲劇ですが、当時の街や人々の生活を知ることができる貴重な遺跡ですね。僕もここにはいつか行きたいです。

windchimesさん

あんなにしっかりと色んな建築物から街並み、日常生活の一部が残っているのは本当に貴重な遺跡だと思います。
是非、ポンペイ行ってみて下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anru.blog8.fc2.com/tb.php/12-90c0918c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。