スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

円形闘技場 

t_050611_IMG_0041.jpg

永遠の都 ローマを代表する建築物であるコロッセオです。

約2000年前に、奴隷4万人以上を動員して8年で完成したと言われています。
巨大という意味の「コロッサーレ」からこの名が付いたとか、この場所にかつてあったネロ帝の巨像「コロスス・ネロニス」から名を受け継いだとか言われています。
私は多分「コロッサーレ」からだと思う。コロッセオの前に立ってみると「でかい!」まず、その一言に尽きます。
長径188m短径156mの楕円形で高さは48mで45,000人を収容出来ました。 また、天井部分は解放されていますが、日除け用に布を張る設備がりドーム状にする事も可能であったようです。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/80、F9、ISO100、21mm)
t_050611_IMG_0059.jpg

1階が大理石張りの貴賓席、2階が木製椅子の一般席、3階が立ち見席となっていた。
地下には、多数の剣闘士の控え室やライオンなどの猛獣の檻があり、舞台装置として人力のエレベータが設置されていたとのこと。

剣闘士同士やライオンと剣闘士を戦わせ、そのショーを見ながら貴族達はワインでも飲んで楽しんだのだと思われる。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/125、F10、ISO100、18mm)


t_050611_IMG_0060.jpg

死をもって終りとする残忍な見せ物は毎年100日以上もここで開かれ、それが300年以上続いたが、キリスト教的世界観が広がるに連れて民衆が振り向かなくなり、438年の人間同士の殺し合い禁止令によりどんどん下火となっていった。
その後も続いていた獣狩りなどの見せ物が523年で幕を閉じ、無用の長物となったコロッセオは格好の資材採掘場と化してしまいました。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/100、F10、ISO100、18mm)


t_050611_IMG_0078.jpg

外壁を覆っていた大理石や石と石を繋ぎ止めていた鉄は、宮殿や教会の建築の為に次々持ち去られてしまい、外壁のほぼ半分がなくなるほどの崩壊を受けたのです。

次の外観の写真を見ると外壁の部分にボツボツ穴が開いているのが確認できると思うのですが、これは石と石を繋ぎ止めていた鉄を抜いていった跡との事です。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/60、F10、ISO100、18mm)


t_050611_IMG_0109.jpg

一説には見せ物としてキリスト教徒が殺されたという歴史を葬るため、バチカンが率先して資材を使用させたと言う話もあるが、18世紀に入ってから法王の命により、キリスト教徒受難の地として修復され現在もその姿を残しているのです。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/160、F9、ISO100、33mm)
スポンサーサイト
  

コメント

ここで

人間同士の殺し合いが長い間行われていたのですね。ちょっと悲しい歴史ですね。
できればルールを決めたスポーツで競い合ってもらいたいものですね(^^)

古代ローマの歴史

古代ローマを象徴する建物ですね。

しーたけさんも書かれていますが、悲しい歴史があります・
「コロシアム」という言葉も、子供心には不気味に聞こえました。
人間同士が殺しあうからコロシアムなのかと・・・

No title

うーん。なるほど。とても勉強になりました。そんな歴史があったのですね。

しーたけさん

政策等に不満の矛先が向かないように行われていた娯楽だったようです。
こう言う一面を見てしまうと人間って怖いなって思いますね。

ZEISSさん

「コロシアム」って少し不気味な響きですよね。

このコロッセオ、使用用途は問題があったと思いますが建築物的にはやはり凄かったです。
大きさもそうですが、屋根がつけれたりエレベータがあったりで古代ローマ人の凄さを感じられました。

hilivingさん

どの時代も華やかな面と暗い面があるって事のいい例かもしれないですね。
映画「グラディエイター」で、見てたりしたのですが実際その場に行ってみると受ける印象が違いました。

グラディエーター

でみましたよ。
2000年も前にこれだけのものを作ってしまうなんてすごいですよね。

N2さん

本当、ビックリさせられました。
2000年も前に、これだけ巨大な物を作り上げてしまうんですから。
それも布を張ることで屋根が出来たりだとか、人力エレベーターがあったりだとか。
古代ローマ人の凄さの片鱗を知る事が出来ました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anru.blog8.fc2.com/tb.php/13-8f26a7b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。