スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

崩れたウェディングケーキ 

t_050612_IMG_0239.jpg

ローマでも一等地に建てられているヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂です。
イタリア統一(1870年)の立役者、初代の国王となったヴィットリオ・エマヌエーレ2世の偉業を記念して建てられたものです。
コンクールの結果223の応募作品から選ばれ、工事は1885年に始められ1911年に完成した最近建てられた物です。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/100、F10、ISO100、33mm)
t_050612_IMG_0213.jpg

もう少し寄るとこんな感じです。
なぜ、今日のタイトルが「崩れたウェディングケーキ」なのかと言うと、この建築物、ローマで最も歴史的にも重要な区域に建てられたにもかかわらず、どうにも遺跡や古い建物の持つ雰囲気に溶け込まめ無かった為に、完成当時はローマの人々から「崩れたウェディングケーキ」や「入れ歯」などと陰口をたたかれていたらしいです。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/160、F8、ISO100、26mm)


t_050612_IMG_0232.jpg

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂を上って外を眺めるとコロッセオとフォロ・ロマーノが見えました。
他の場所からだと、サン・ピエトロ大聖堂のクーポラなども見えたりとトレビの泉やパンテノンも近かったりと確かにローマの一等地に建てられていました。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/60、F10、ISO100、40mm)


t_050612_IMG_0236.jpg

後ろ姿ですが、この方がヴィットリオ・エマヌエーレ2世です。
本当に、良い場所に建てられているのでどっちを向いても眺めが良いです。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/80、F10、ISO100、50mm)


t_050612_IMG_0226.jpg

そんな不評な建築物なのですが、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記像の下には陸軍と海軍(空軍だったかも)の慰霊者が祭られています。
見張りの二人は、それぞれの軍から来ているらしいですが、この暑い中動く事が許されていないらしくとても大変そうでした。
あまり、このふたりに近づくと他の警備の人に怒られます。

この写真、かなり傾いてますね。。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/160、F8、ISO100、18mm)
スポンサーサイト
  

コメント

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

「崩れたウェディングケーキ」、「入れ歯」
なるほどと思いますが、言われなければわかりませんね。

それにしても高いところに上がると、さすがにいい景色ですね。

No title

この前よんだ本によると、
統一国の首都になって新しい建造物がつぎつぎに建てられる前のローマの景色は、
ほんとうに遺跡と森、のようなところだったみたいですね。
ローマ全体、私たちがみればじゅうぶんクラシックだけど、そういうところで暮らしていた当時の人からみるとだいぶ違うんでしょうね。

崩れたウェディングケーキかぁ

なるほどね、そんな言い回しもあるんですね(笑)
高台?からのカットが何枚かありますが町全体が芸術のように見えてきます(^^)

ステキな街

ローマってすごく魅力的な街ですよね~
街全体がまるで美術館!!全てが統一されていて、どこにいても映画のワンシーンのよう・・・
でも“入れ歯”はヒドイですよね(笑)

No title

解説がないと周りの建物より少し新しいぐらいにしか思わないですね。
日本で言うと京都に新しい寺が出来たような感じなのかな?格が違うというところでしょうか?

ZEISSさん

ローマもそうでしたが、イタリアって背の高い建物がほとんどないんです。
なので、ちょっと高いところに上ると辺りを一望できて景色が最高に良くなるんですよね。

cranephileさん

イタリアの人達と言うか、欧州の人達は景観をとても大切にしているのだと思います。
祖先から引き継いだ物はそのまま子孫に渡すみたいな感じです。
なので、背の高い新しい建物は嫌われたんでしょうね。

しーたけさん

ローマは、街全体が遺跡って感じでちょっと歩けばすぐに遺跡があるところでした。
普通の住居やお店も古い建物を使用しているので、上から見ると統一感があって本当に綺麗でした。

enaさん

まさしく、街全体が美術館って感じでした。
どこを撮っても絵になってしまうので、撮影枚数が増えてしまって大変でした。
「入れ歯」はちょっとねぇと思いましたが、実物を見たら「あぁー、そう見えるかも」って思ってしまいました(笑)

N2さん

パッと見た感じでは、少し新しいかなぐらいなのですが、他の遺跡が造られた時代からすると何百年も新しいわけですから。
それに、背の高さも駄目なんでしょうね。
ローマの中では、かなり背の高い方でしたから。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anru.blog8.fc2.com/tb.php/15-eae394ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。