スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

女王の目覚め 



ヴェネチアは、地中海の覇権を握っていた為か、
それとも、その美しさの為か「アドリア海の女王」と呼ばれたります。

朝、まだ多くの人が活動しだす前に撮った写真なのですが、
女王の名に恥じない美しさでした。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 EX DC (SS 1/50、F8、ISO100、46mm)


これは、以前アップした写真なのですが同じ場所から撮った日没直後の写真です。
やはり、賑わっている時もとても綺麗でした。

撮影:Canon EF24mmF1.4L USM (SS 6s、F10、ISO100)
スポンサーサイト
  

コメント

ヴェネチア

「さらばアドリア海の自由と放埓の日々よ」と言ったのは、ポルコ・ロッソでした。

イタリアは日独伊三国同盟を結んでいたからということではなく、どことなく親近感があります。
おフランスと違って気取りがないからでしょうか?

ヴェネチアはガラスと映画祭でも有名ですね。
何とも綺麗な景色をありがとうございました。

同じ場所

同じ場所でも随分雰囲気が違うんですね。人々がまだ活動していない時間帯と日没時それぞれいい表情をしていると思います(^^)

No title

いや~、いい写真ですね。
惚れ惚れします。
異国情緒が余すことなくしっかり詰まってますね。

No title

同じ場所でも、朝と夜ではずいぶん印象が
変わるのですね。
2枚目の写真の賑わいと街の灯りがとても
美しいです。

素敵な雰囲気

使用レンズを見てCanon EF24mmF1.4L USMなんか納得…。
奇麗な情景です。

ZEISSさん

ポルコ・ロッソって誰だろう?
って思って検索してみたら宮崎駿の紅の豚の主人公の名前でした。
言われてみればアドリア海辺りの話だったような気が。
って、豚じゃなくてZEISSさんは実在する人の事を言ったのだろうか。
Google先生に訊いたのですが、豚ばっかりでした。

ヴェネチアのガラス、綺麗でした。
高くて買えなかったですけど...。

ちょうど、今、ヴェネチア国際映画祭が行われてますよね~。

しーたけさん

同じ場所でも朝と夜では随分雰囲気が変わるものですね。
また、それぞれどちらの時間帯も美しい表情をしているのが良いと思いました。
ヴェネチアは水没の危機に面してるらしいのですが、
どうにかして今の状態を保持してもらいたいものです。

N2さん

ヴェネチアは、異国情緒溢れる本当に面白い街でした。
海外ってあまり行った事がないのですが、
色んな所に行って多くの物を見るのって大事だなって思いました。

オクトパス7号さん

やっぱり夜景って綺麗ですよね。
ローマでも所々で夜景の撮影に挑戦したのですが、
このヴェネチアの夜景が一番綺麗でした。

tdollさん

24mmで撮った写真とsigma 18-50mmで撮った写真って
パッと見でどっちのレンズで撮った物かわかるんですよね。
さすがって感じです。

あんるさんへ

さては「紅の豚」は見ていませんね。
この言葉は、飛行艇の修理が終わって、自分の島に帰るときにポルコが発した言葉です。
人間でしたら、マルチェリーノですね。
豚だから、ポルコ、つまり英語ではポークです。(笑)

ZEISSさん

紅の豚は、むかーしに一度だけ見た事があるようなないような....(^^;

豚だから、ポルコだったんですか。勉強になりました(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anru.blog8.fc2.com/tb.php/50-f58dd346

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。