スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

富士山が見せてくれた風景 

t_050917_IMG_7148.jpg

富士山を登り始めて直に見た景色です。

山の一部で太陽が隠れ、更に雲が下から上へ吹き上がっていました。
光に照らされた雲がとても印象的でしたので、余計な部分は黒く飛ばしてしまいました。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 EX DC (SS 1/3200、F8、ISO100、50mm、EV-2.0)
t_050917_IMG_7150.jpg

刻々と太陽と雲の位置が変わって行きました。

これを見た時、富士山はこれから登って行く私に
他にも様々な綺麗な物を見せてくれるんだと思ったのですが甘かったです。
富士山が用意していてくれたのは、どこまでも続く登坂路でした(--;)

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 EX DC (SS 1/400、F8、ISO100、50mm、EV-1.3)
スポンサーサイト
  

コメント

山道の場合

山道の場合、時に殺風景な風景に変わり登れど登れど変化しないこともありますね。
渓谷沿いだとそれなりに変化が楽しめるのですが・・・
でも一瞬にして視界が広がることのあります(^^)山道を登るのってなんだか人生そのものって気がします。

時間との勝負

太陽が昇る瞬間や雲の動きが激しい時は時間との闘いになることがあります。
何もこれは山ばかりではなくて、花でもそうですね。
刻一刻と変わっていく光を楽しむのも粋なものです。

富士山の登山道は一方的な登りですから辛いですね。
それで私は敬遠しているのかな?
変化と安らぎを求める私は北アルプス周辺が好きな理由の一つかもしれません。

No title

雰囲気出てますよ。「山と渓谷」という雑誌に載ってそうな写真です。
1枚目の雲は雪が風で飛ばされているときに似ていますね。
逆光で思いっきりマイナスに露出を振った意図が生きた写真ですね。

No title

富士登山は険しいのですね・・・。
光と影がキレイですね。

すいこまれそう..

とっても幻想的な写真ですね。

いつか、こんな写真にもチャレンジしたいです。

No title

宝石でもここまでの輝きは見られないんじゃなかろうか・・。実に幻想的で美しい。いいですねぇ!!
・・それから、優秀賞受賞おめでとうございます!遅れましたが、ご祝辞申し上げます(^^) あのセミは感動しましたから、なるほど!と納得です。

しーたけさん

富士山の場合、途中から植物もなく
ひたすら岩だらけのところを登って行くだけなのが辛かったです。
暗くなると周りもほとんど見えないですし。。

確かに、山道を登って行くのと人生そのものって感じがしますね。

N2さん

「山と渓谷」なんて雑誌があるんですね。
ネットで検索してみたら面白そうだったので、
今度本屋に行ったら探してみようと思います。

最近、逆光で思いっきりマイナス補正に振るのがマイブームなです(笑)

るりおさん

富士山登山、日頃運動してい私には大変でした。
でも、そんな私でも登れるので誰でも行けると思いますよ♪

光と影をどう扱うかが私の写真のテーマなので
誉めてもらえると嬉しいです♪

オオノさん

宝石に光を当てて輝いてるところをマクロレンズで撮ってみたくなりました!
でも、うちにはそんな宝石ないや(笑)

御祝辞ありがとうございます(^^)

ZEISSさん

時間との勝負って苦手なんですよね。
何枚か撮って、確認してみたらちょっと思ってたのと違うって撮り直そうと思ったら
もう光線状態がさっきまでと違うとかって事が良くあります。
何でも一発で決められたら良いんですけどね~。

次は、もう少し変化があるところに行ってみようかなと思います。

デジイチ初心者toshiさん

太陽の眩しい光を直視した時、眩しさのあまりクラッときました。
その時の感じがちょっとでも伝わってると嬉しいです。

そうか・・・

あんるさんはデジタル世代でしたっけ。
確認しちゃうますね。

私は銀塩世代?だから、仕上がりを想像しながら撮っていました。
デジタルになってもそれは変わりません。
一応は仕上がりを確認はしますが、大体想像通りになることが多いようです。
たまには失敗をやらかしますが(笑)

No title

いい写真ですね~。
山が好きな私にとっては、このような光景を見られたことがうらやましくなります。

ZEISSさん

思いっきりデジタル世代です。
何と言っても20Dからですから、
フィルムの入れ方すらわかりません(笑)

一応、私も仕上がりを想像して撮るんです。
「この場所から撮れば思い通りの写真が撮れる」と思って撮っても
一発で思い通りの写真はあまり撮れないです。。
結果を見てもう少しこっちからとか、、
端っこに余計なものが写ったなとか、、
こんな感じでいつも四苦八苦しながら撮ってます(笑)

letasuさん

あまり山登りってした事がなかったのですが、
こういう風景を見ちゃうとまた行きたいなって思っちゃいますね。
日常では見られない風景が見られるのも山の面白さなんでしょうね・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anru.blog8.fc2.com/tb.php/63-880f8bd9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。