スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

Grotta Azzurra -青の洞窟- 

t_IMG_0099.jpg

カプリ島には、色々な洞窟があるのですがその中でも一番人気の青の洞窟の内部です。
中に入るまでは、どの程度青いんだろう?
そんなに大した事ないんじゃないのなんて思っていたのですが、入ってビックリ!
今まで見た事がない神秘的な青さで、入った瞬間におぉ!って歓声が自然と出てしまいました。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/20、F2.8、ISO1600、18mm)
t_IMG_0141.jpg

ナポリからそこそこ大きな船でカプリ島まで50分位で、そこからちょっと小さな船に乗り換えて15分位(だったかな?)船に乗ってくるとやっと青の洞窟前に到着です。
この写真は、洞窟の入り口前で順番待ちしてるボートを陸から撮った物です。
私は、運良く5分と待たずに直に中に入れたのですが待つ時は小船の上で2時間とか待つらしいです。
船に弱い人にはちょっと厳しいかもしれないです。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/400、F7.1、ISO100、18mm)


t_IMG_0068.jpg

私の番です。
入り口は、とても狭いです。
波が高いと中に入れないと言われていた理由がわかりました。
ボートの上に寝て入ります。座っていたら頭をぶつけて大変な事になってしまいます。

写真は、波が一番低くなったところを見計らってボートが出て来たところです。
波が高い時は、ボートがガツガツと入り口にあたっていました。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/1000、F2.8、ISO800、18mm)


t_IMG_0095.jpg

一枚目の写真よりもシャッタースピードが遅かったので、ブレが目立つかわりに水面の色が壁や天井にまで映って洞窟内の青さも強くなりました。
なんか縮小するとあまり違いがわからないですね。。

中に入ってる時間は数分なのですが、神秘的で本当に美しいところでした。
みんなが見に行きたがる気持ちがわかりました。
ただ、この洞窟の撮影に為に持っていたと言っても過言ではない単焦点レンズに交換する事が出来なかったのがとても残念でした。

撮影:Sigma 18-50mmF2.8 (SS 1/13、F2.8、ISO1600、18mm)
スポンサーサイト
  

コメント

青い!!

いつか行ってみたいなーと思っていたのでうらやましいです!!
神秘的な青が素敵ですね~。
でも、運悪く2時間待ちになったら船に弱い私は海を汚してしまうかも?!(^^;

あははw楽しいですね~、面白いので
ちょくちょく見にきますw

No title

このイメージはニュージーランドで見た地底湖の土蛍です。天井に無数の土蛍が銀河のように光っていました。デジカメはボートに乗る時没収でした・・・

BLUE!!

すごいすごい!!
こんな青いんですか?
なんだかすごく神秘的ですね。
ちょっとビックリです。

スパゲティ

行ってみたい!青好きの私としては是非、行ってみたいです。
「神秘的な碧」素敵です。
感動した瞬間、私は写真に収めることが出来るかどうか。。。

幻想的

この青さは凄い!
幻想的というか神秘的というか・・・
で、何でこのような色なんでしょうか?
素朴な疑問です。

この写真のデータを見て思ったんですが、やはり使い慣れた明るいレンズを持っていって正解だったでしょう?
17-85㎜のISだと、このシャッタースピードは稼げないもんね。

ところで、あんるさんのところにも来ていますが、私のところにもアダルト系の宣伝ブログの書き込みが目立つようになりました。
不愉快ですので、禁止IPアドレスに指定し、速攻で削除です。

素敵な写真ですね!

青の洞窟、テレビで見た事はあるけど写真で切り取られた様子もまたいいですね!

motomura(EOS20Dで遊ぼう!)さん

人工的な青さではなく本当に自然現象で青くなっているのでとても神秘的でした。
あれは、必見です。
中に入れるとわかって待ってるのでしたら期待で船酔いは多分大丈夫です!
海を汚してしまった場合は、魚に餌付けしたって事で(^^;

rinさん

はじめまして。
楽しんでいただけたみたいで良かったです。
またいらして下さい。

じいちゃんさん

ニュージーランドで見た地底湖の土蛍,,ニュージーランドにはそんな所があるのですか。
そこもとても神秘的みたいですね。
写真撮影が出来なくても見てみたいです。
イタリアって、美術館や教会等あまり撮影禁止の場所ってないんです。
最後の晩餐等は撮影禁止だったのですが、以前は、フラッシュを使わなければ撮影しても良かったみたいですが、現在はマナーが守られなかった為に撮影禁止になっており残念した。

しーたけさん

私もビックリしましたが、こんなに青いんです。
時として自然現象って本当に神秘的で美しい物を作り出すんだなと思いました。

1207Blueさん

青好きの方には特にお勧めです。
中に入って感動してるところで、周りでフラッシュの閃光があったので、そうだ写真撮らなくちゃって感じで撮りだしました。
中にいられる時間は、本当に数分なのであまりゆっくりしてる時間はなかったです。
もっとゆっくり見られたら良いんですがね。

ZEISSさん

この青さの理由は、太陽光線が海水の中を屈折して、洞窟の中に入りこんでいるからです。カプリ島の地質は石灰を多く含んで白いので、太陽光線の反射効率を高めているのだとか。
また、午前中に入るのが良いと言われているらしいのですが、それは光線の角度が低いので屈折しやすく洞窟の中に陽光がよく入る為との事でした。
旅行に行く前に見たHPに絵付きで説明してあるところがあったのですが見つけられなかったです。
私は、午前中に入ったのでより青かったのかもしれないです。

確かに18-50F2.8を持って行ってて良かったです。
出来れば24F1.4でも撮影したかったのですが、ボートの上で交換する度胸はなかったです。。

hilivingさん

写真も良かったのですが、ビデオがあったらビデオの撮影もしたかったですね~。
でも、自分の目で見た思い出が一番キレイに残っているかもしれないです(笑)

No title

いやーすごい青ですよね。
テレビで見て一度行って見たいと思っていました。
この青さを感じたままに写真に収めるのって難しいですよね。
Lレンズでの写真も見たかったですね。

No title

ニュージーの土蛍は幻想的だよ・・・
そこで愛を語れば100%だろう・・・

オーストラリアの南端ではペンギンが無数に海から上がって来るところがあります。
観光地になっているが撮影禁止で見張りが多くいます。
やはりフラッシュによる影響を考慮してですが、カメラマニアと一般人との区別をするより全面禁止にしたほうが・・・の判断らしい・・・

すごいですぅ!

はじめましてsaitoです!
先日この写真に目が止まりおじゃまさせて頂いたのですがはずかしくてコメントせず立ち去ってしまったのですがこれはすごいです!!本当にこんな綺麗な海があるなら行ってみない実際に見に行きたい!っと思わせる一枚です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

N2さん

本当に洞窟内は青いですよ。
自然現象の凄さが体感できました。
ボートの上での撮影なので、いかにシャッタースピードを稼ぐかがポイントになるのですが、あまり早いとただの暗い写真、遅いとブレブレ写真。。
良い感じに写っていたのは、ほんの数枚でした。

じいちゃんさん

ニュージーランドの土蛍が気になったので検索してみたのですが、撮影禁止だけあって写真を発見する事が出来ませんでした。
あぁー、気になる(笑)

普通の観光客とカメラマニアの区別をするのは大変ですからね。
マナーを守らないと自分達の首を絞める事になる良い例ですね。

saitoさん

はじめまして。
カプリ島、高級リゾート地と言われるだけあって島全体がとても綺麗でした。
極めつけがこの青の洞窟。
10時間以上飛行機に乗って見に行くだけの価値がある物だと思いました。
カプリ島だけではなく、イタリア全体がとても楽しい国でした。

11:38にコメントしてくれた方へ

はじめまして。
私の写真が少しでもお役に立てて嬉しいです。
色々あるとは思いますが、前向きに行きましょ!

気軽に立ち寄って下さい。
待ってます。

はじめまして!!

すごくキレイですね!!
青の洞窟はずーっと憧れてて、いつか行きたいと思ってたんです♪
写真に見入ってしましました!!

enaさん

はじめまして!
青の洞窟、是非行って下さい!
写真で見るよりも何倍も綺麗で感動します。
あの神秘的な青さはやはり肉眼で見るに限ります。
私ももう一度見に行きたいです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anru.blog8.fc2.com/tb.php/8-bfb1bd68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。